俺たちの歴史は給湯室から始まったと言えるのかもしれない
SF 全31話 完結済み
年下女上司にネクタイを引っ張られる32歳。世界は、これでいいのか!? --- クライアントが起こした不始末について、クライアントに謝罪に行く。 正直わけが分からないと思うが、俺にもわけが分からない。 でもこれも二次請け企業のサラリーマンの悲哀。 年下の美人上司と共にいざゆかん札幌へ。 当初は本当にプログラムの修正作業だけだと思っていたんだけど……。 待ち構えていたAI・ゴエティアによって、俺たちは苦悩させられることになる。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
#01-001: 連れ込まれた先は
2021/02/28 11:23
#02-001: イグアナと同じ程度には好きだぞ、童貞。
2021/02/28 11:29
#02-002: お前のポテトは私のもの。
2021/02/28 11:44
#02-003: ガンプラの前では自分を偽れないだけよ!
2021/02/28 12:01
#03-001: 詰問大会強制参加(ていうか主役?)
2021/02/28 22:07
#03-002: ガンタンク生産中のダイアログ
2021/03/01 08:12
#03-003: 悪魔の証明
2021/03/01 11:54
#03-004: ゴエティアとの対面
2021/03/01 20:42
#03-005: 魂の在処
2021/03/02 03:32
#03-006: 仕組まれた五年間
2021/03/02 12:44
#03-007: 頼むぞ、相棒
2021/03/02 22:01
#03-008: シンギュラリティ到来のためのパスフレーズ
2021/03/03 11:46
#03-009: 一時離脱の交渉と結果
2021/03/03 22:38
#04-001: 会長と社長
2021/03/04 09:35
#04-002: 世界は赤く染まる
2021/03/04 21:07
#04-003: メモリ最適化のエクゼキューション
2021/03/05 11:19
#04-004: 神を創った神を名乗る
2021/03/05 22:36
#04-005: 利他性と利己性、そして本能
2021/03/06 12:17
#04-006: 人はあなたが思うほどに生きたがってはいないのよ
2021/03/07 01:13
#04-007: エーヴィッヒ・ヴィーダーケーレン
2021/03/07 08:24
#04-008: デッド・エンド
2021/03/07 14:47
#05-001: メモリのリアルタイム補正
2021/03/07 22:50
#05-002: 続く違和感と……
2021/03/08 07:07
#05-003: 神、曰く。
2021/03/08 22:48
#06-001: 結ばれた証
2021/03/09 10:16
#06-002: 罠
2021/03/09 15:08
#06-003: 楽園とはいったい……?
2021/03/09 21:14
#07-001: 再会へのイニシャライズ
2021/03/10 03:22
#07-002: 正義の人
2021/03/10 03:54
#07-003: ピンチには必ず駆け付けると言っただろう
2021/03/10 08:42
#07-004: 新たな形の世界大戦
2021/03/10 10:11
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません