喫茶店フォレスタ
『陽介とお客さん』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 かべけられた先日の写真をながめ、ようすけは満足そうにしていた。 「ほら、店開けるぞ」 「はーい!」  元気に手を挙げ、エプロンを軽く結び直すと、ドアにけた看板を裏返した。 「どうぞー」  にこにこと顔を出すと、親子連れと目が合った。少年の方は少しびっくりして、父親の後ろにかくれたが、無理に声をかけないことにして、店の中へと案内した。  ちらちらと様子をうかがう少年に父親は苦笑いしていた。父親に向かって『あいさつに向かいますか?』と口パクで伝えると、『むすの勇気が出たら』とほほみながら返してくれた。 「……そうだ、アクセサリーとか見せたらどうかな」 ようすけが小さいころに好きだったほう少女アニメ。そのアクセサリーは今も大事にしている。きっと興味を持ってくれるはずだ。 「――うん、気になってるみたい」  さり気なく近くのテーブルのコーヒーを届けてから、ふと気づいたようにしゃがんで目線を合わせてみた。 「あ、それかわいい……」 「でしょ!」  少年はきんちようがほぐれたように、アクセサリーを手にとってながめる。父親に目を向けると、ほっとしたようにうなずいてくれた。うれしくなったようすけは、少年の手を取ってそれをにぎらせた。 「あげるよ」 「えっ……いいの?」 「――いいんですか?」  思わず、父親もいつしよおどろいた。二人に、ようすけがおで返す。 「いいよ。私の『好き』を分かってくれたのが、うれしいから!」

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません