喫茶店フォレスタ
『盾とブレンドコーヒー』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 休日朝の客が流れ始めてしばらくして、親友の子供たちが遊びに来た。 「こんにちはー」 「……こんにちは」 「おじやします」 「いらっしゃいませ、お三方」  末っ子の森宮結と、長男のそう、そしてそうこんやくしやだ。結はしっかり者の一方で末っ子らしくあまえ上手で、こうして上の子をさそって遊びに来ることが多い。楠家くすのきけも強い個性を持つが、森宮家の中でもそうだんに和服を着てくるくらいにはブレない個性を持つ。そう言った意味で似たもの同士なのか、ようすけとも交友が深い。 「注文はどうなさいますか」 「エスプレッソで……今月の、ブレンド」 「私は……カフェオレでお願いします」 「私もそれでっ」  大人しいふたりと、はきはきした妹で和服が並ぶ。結がこのふたりと遊びに来るときはだんの洋服ではなく、和服で来る。その理由を聞いてみると、「着付けも楽しいし、だんから出来るおしゃれだから」とうれしそうに語ってくれた。ようすけそうに「好きなものを共有したい」とふくしよくの話題にさそったのを、どちらかに教えられたのだろうか。せんじんを切って自己をつらぬく背中を見ることが出来るのは、末っ子の特権だ。そう思う事が出来るのは、親ならではの特権かもしれない。京子もそうした姿を見て、妻であるはつの背中を見て前向きに育っているのが何よりだ。 「三人ともお待たせー!」  そんな風に思考をめぐらせていたら、ようすけがおを出しに来たようだ。セットだが、最初なのでおすすめを出させてもらった。 「今月のブレンドは香りが上々なので、ホットでおがりください」 「朝から良い香りだったもんねえ」 「感想はおやわらかに」  表情に出にくいそう相手でも、味見で顔をしかめているときはきんちようしてしまう。気をつかってくれるけれども、本人が思っている以上に気持ちに正直な評価が下っているのだ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません