喫茶店フォレスタ
『京子とモデル』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「…………」 「帰ってきたら今度は美月かよ」  急に『モデルになって』と美月にたのまれ、立ったまま軽くポーズを取り、スマホで写真に収められた。  急を描くんだ、とたずねると、しんみようおもちで美月が答える。 「いや、お母さんのようにここの男性制服だったらどうなるかなって……」 「マジで」 「うん。つい描きたくなって」  そうして美月が描き始める。  カウンターにいるはつもオーダーを出すときの話をすると、京子は目をかがやかせて話を聞いた。  下書きを見て、京子がおんなオーラを放つ。 「……あの、京子さん?」  おそるおそるたずねる美月。 「……もうちょっとくらい、この、ボディラインを……」 「あー……」 「『あー』じゃねえっつーの!」 京子のもうこうの結果、最終段階では少し成長した形でえがかれることになったとか。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません