喫茶店フォレスタ
『盾と共通点』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

そうだ。おはよー」 「おはよ」  次男のつきが、アトリエでしていた朝の作業からもどってきた。ピークを過ぎた時間くらいの、じゆんつき、そしてそうの三人がいつものメンバーだ。時折、そこにゆいも加わる。 「作品作りは、どう」 「おかげさまで順調だよ」  それぞれねんれいはバラバラだが、真面目で気が合うからか、よくこの組み合わせになる。熱心に勉強をし、特に好きなことにはぼつとうするタイプ同士、もくもくと作業をしながら、時々となりの「有識者」にたずねることもある。  その様子には、明るく話しかけるようすけも空気を読んで、小声で「何か飲み物、いる?」と声をかけるようになった。そうしたふんをよく見ているからか、そういつしよに来始めた頃のが「あの大人しいウェイトレスさん」と呼んで、普段のようすけを知っているそうがお茶をしたこともある。 「つきさん、今日は何を飲みますか」 「じゃあ、アイスティーで」  つきも、はアイデア、そうふくめた森宮家は知識の人達だ、と言う。クリエイティブなことも、土台となる「何か」を知らないと登っていけないものだよね、と。それを横で聞いていたそうは「知識……だけだと、常識に、とらわれがち」と苦笑いしていた。  えんむすびの神社を持つ森宮家も、数年前の楠家くすのきけのように常識がひっくり返っている最中だと言う。今後を任されているそうは「覚えることが、気をつかうことが、多い」と言い、二つの家族を見てきたじゆんも「毎日が勉強です」と頷いた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません