喫茶店フォレスタ
『盾と大切な時間』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 店の営業を終えて上の階のリビングへ入ると、つきが夕食の準備をしていた。 「お父さん、お疲れさま」 「お疲れ様です」  裁縫に忙しくなければようすけもそこに加わり、京子がつまみ食いをして食卓が賑やかになる。それぞれが自分の道を進みつつも、つきようすけはこの喫茶店を継ぎたいとも言っている。 「お父さん、そろそろ出来るから呼んで貰っていい?」 「かしこまりました」  リビングを出て、子供達の部屋に向かって声をかけると、ようすけと京子は元気に返事をしてリビングへ向かった。その去り際に、ようすけが「お母さんのエスコート、よろしく」とアイコンタクトを送ってきたので一礼を返した。  寝室のドアをノックし「はつさん、夕食のお時間です」と声を掛けると、少ししてドアが開いた。 「お待たせ」 「それでは、お連れしますね」  着飾ってパーティーに出るわけでもないが、子供達も口を揃えて「だからこそお父さんらしいし、お母さんらしい」と言う。特にようすけはメイドのようにドアの前で待っているくらいには、この雰囲気を皆が好きなのだ。  堂々と振る舞うことをはつが、相手に敬意を示すことを盾が、その姿で表現し、子供達もそれを見て育っている。 「お母さん、出来てるよ」 「いつもありがとう」  この穏やかな時間を大切にしたい、とはつを席に促しながら噛みしめる盾。「いただきます」の声が、今日も揃った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません