喫茶店フォレスタ
『盾と旧友』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「やあ」 「おつかさまです」  夕方にもなると、じゅんの親友である森宮しんも『フォレスタ』をおとずれる。  しんのフランクなひとがらは大学時代に知り合ってから変わらないが、後をいだえんむすびの神社の仕事にはしんに向き合う。そんなかれに、じゅんも変わらず敬意をはらっている。 「ご注文は?」 「アメリカンで」 「かしこまりました」  注文を終えると、一呼吸置いてしんが口を開いた。 「今日もみんな来てたみたいだね」 「ええ。みなさんそれぞれ、思い思いの時間を過ごされましたね」 「やっぱりごこ良いもんね」 「ありがとうございます」  仕事をしながら、森宮家のおのおのが「フォレスタに行ってきます」と出かけていくのを見ていたしんうれしそうに話す。家族ぐるみの付き合いのおかげか、森宮神社の周囲で起きている変化を、少しずつ受け入れられている、とそうしんは話している。 「結もウキウキで着物を着ていったし」 「おれいでしたね」 「ふふ、本当に。ようちゃんの仕立てたしようも着たいって言ってた」 「それは良いですね。結さんの好きなしようを、ぜひ拝見したいです」  しばらく前も、ゆうそうを連れてコンセプトしようさつえいかいをしていたとしんが聞き、見せてもらったその写しんに目をかがやかせていた。そうは苦笑いしていたが、この様子だと父親は止めるつもりはなさそうだ。 「わいい服が好きだからね、結は。優樹はかついい系だけど、ようちゃんのスキルはすごいね」 「本当ですね。好きに学ばせてみたら、かなり器用になりましたね」  子供たちについて話すと自然とみがこぼれる。聞き上手でめ上手なしんのもと、森宮家の子供たちびと育っている。 「しん、何か付け合わせのはいるか」 「じゃあ、クッキーをお願い」  話の合間に、初恵が戸棚を見ながら声を掛けた。  じゅんはつを引き合わせたのも、そんなしんだった。男らしい女性というふんのためか、周囲から少しいていたはつじゅんが気にけていた。そしてしんふくめた三人でつるんでいた。  そして、はつに思いを寄せていたじゅんの相談にしんが乗ったことがある。この地のいつに由来する神社の当時のあとぎとしての自負からしんけんに相談に乗り、告白を決断させたのだった。周囲に受け入れられやすいように、あえて公開でプロポーズという形をとって。 「楠家くすのきけの子供たちも、そのうち相談してくるのかな」 「ふふ、その時はよろしくお願いいたします」  昔の出会いに感謝しながら、これからの家族の姿に思いを寄せていく二人だった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません