喫茶店フォレスタ
『美月と買い出し』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「さて。お母さん、晩ご飯の買い出しに行ってくるね」 「うん、たのんだぞ」  はつが店番をしていることがほとんどで、じゅんや子供たちが当番制で買い物をしている。今日は美月の担当だ。  中でも美月は他の家族のリクエストを中心にしてこんだてを考えるので、とても喜ばれている。 「どうしようかな。リクエストのハンバーグはソースも決めたけど、問題は京ちゃんがていこうなく食べてくれる付け合わせだ」  歯応えのある野菜が好きな京子のために、にんじんなどをそろえる。バターソテーにしておけばきっと喜ぶはず。そこに、同い年くらいの学生がニヤニヤしながら寄ってくる。 「おーや、美月『ちゃん』?」  めんどうくさいのがきてしまった、と美月はため息をつく。しかし、相手には目もくれず通り過ぎると、相手もついてこなかった。  こういうことは慣れっこだ。特に今日はじゅんも店に出ているから、いわば『共働き』の状態だ。店は夜までやることも多いので、子供たちだけで料理をすることも多い。だから、では何もおかしくないし、そうでないと、無意味におなかかせて待つのがもつたいない。  家に帰れば、シフトを終えるはずのようすけにも頼んでハンバーグ作りだ。自分たち好みの料理を作るのは楽しい。そう思っているから、買い出しだって楽しいのだ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません