喫茶店フォレスタ
『陽介と衣装デザイナー』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「ただいまー」 「お、美月おかえりー」  美大に通いながら、小さいアトリエを持って、家と行き来している美月。ようすけふたの弟だが、兄とはちがって、童顔で女の子っぽく見えても、本人は男らしくいたいという。  一応、スポーツジムにも通って食事も多めにっているものの、相変わらず細身のままでなげくのが美月だ。 「なんか手伝う?」 「すまない、今ちょうど皿洗いが終わったところだ」 「まじかー」  ようすけから見ても整った顔立ちなので、「男装している女」でさつえいしようとしたら、数日間は口をいてくれなかったことがある。すがに今では反省して、美月のデザインでしようを仕立てたりもするし、それが美月の課題制作にも、卒業制作にも役立っているそうで、感謝の印として複製画を作ってもらった。  当の美月も、自分のでなければ女物にデザインすることはあり、ようすけが喜んだデザインも多くある。 「ねえ美月」 「何?」 ようすけが、美月のすわったテーブルの向かいにすわって手を組んで、提案をする。 「またしよう合わせで何か作らない?」  そのがおに、美月もうなずく。その表情は、父親のじゅんに似ている。 「ん、いいね。和洋中どれ?」 「ここはあえてスチームパンク!」 「あー……いいね、それ。よし、やろう!」  デザイン案を練っていると、京子も帰ってきて、ひとしきり盛り上がったきようだいだった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません