喫茶店フォレスタ
『初恵と採寸』

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

「お母さんって、本当にパンツスーツが似合うよね」  と、ようすけげん。「スラっとした体型にあこがれるきょうちゃんの視線ももっともだよね」とめられ、少し照れながらも「ありがとう」と返事するのが、くすのきの母であるはつだ。  その堂々とした、あるいは、しんの通った言動は確かに子供たちの理想となっていて、その母親の言葉にあとしされて兄たちが好きなものを追い求め、京子も母と兄たちの背中を追う。  対して、家族をそっと支えるのが、父親のじゅんである。おだやかでものごしやわらかな態度で、きつてんの客も家族も関係なく、敬意とともに接する。子供たちがなやんでいることをいつしよに考える。そうした姿に、はつも「安心して任せられる」としんらいを置いている。  だからこそ、主張の強い色同士も混ざりあえる。そう考えて、子供たちが生まれたあとに始めたこのきつてん『フォレスタ』を守っていこうと心に決めているのだ。  そして、先ほどの言葉にようすけが続ける。 「なんかこう、わいい系とはちがうんだよね……。れい系というか、ゴテゴテしすぎるよりシンプルに『美』を出したい……」  このとき、ようすけさつえいしようのために、はつの採寸を改めて行っていた。しようの系統をそろえたいようすけが、ああでもないこうでもないと毎回なやむのを、「夢中になっているな」とほほましく見つめる。 「昔はスカートも長いものが好きだったし、そういう感じで何かないか?」 「……うん、考えてみる!」  はつの提案に、ようすけうれしそうにメモを取ると、「ありがとー!」としよう部屋を去って行ったが、えもなしに放置された母親から、後でほおをつねられたのであった。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません