作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

ぎしり。と耳元でなった音に、男は目を覚ます。 見えたのは、あの男の泣きそうな顔ではなく、薄暗い部屋の風景だった。 ああそうだ。俺は最中に意識を失って……。 今までなら目覚めた時に感じるのは酷い痛みと倦怠感だった。 だが今は、まだ体のあちこちに、どこか甘い感覚が残っているような感じがする。 体を起こそうとして、男は自分が何かに拘束されていることを知る。 続いて感じる下腹部の違和感に、男はまさかと首だけで振り返る。 そこには、男を抱き枕がわりに、幸せそうな寝顔を浮かべるリンデルがいた。 背中側から抱きつかれている。それは分かる。 だが、この違和感は……。 そこまでで、ハッと男は時計に視線を送る。 時刻は既に、明け方というより朝だった。 この季節は普段より日が出るのがゆっくりだったが、それでももうすぐ日が昇ってしまう。 「おい! リンデル起きろ!!」 男に揺すられると、寝不足にも関わらず、流石に勇者はパッと目覚めた。 「あ、カース、おはよう……」 男は内心感心しつつも「そろそろ日が昇るぞ」と続けた。 「あ、そっか!」 「ぅあっ」 男の声に飛び起きようとした勇者が、気付いたように自身の下半身を見る。 服も着ないままに寝ていた青年は、あろうことか、まだ男に自身を差し入れたままだった。 寝起きで生理的に立ち上がったそれで、いきなりグリッとナカをえぐられ、男が声を上げたようだ。 「ごっ、ごめん、カース」 謝りながら、リンデルはずるりとそれを抜き取る。 「くっ……」 男がその刺激に息を詰める。 「入れたまま寝るやつがあるか!」 叱られて、慌てて服を着るリンデルが苦笑する。 「何だか……抜くのがもったいなくて……」 「何が勿体無いんだ、何が……」 男はため息を吐きながら、そのまま服を着てしまいそうなリンデルのそれを、手拭いで拭ってやる。 「あ……、ありがと、カース」 リンデルはズボンを履くと、上着に袖を通す。 カースは着替えの早さに内心感心していた。 今までにも、寝起きに出動なんてことがあったんだろうか。 これまで、こいつは一体どれほどの数の魔物を倒したのだろう。 人々の死や仲間との別れを、一体、何度乗り越えたんだろう……。 男は昨夜の青年の言葉を思い出しながら、思う。 あれは、普段から人の生死に関わり続けているこの青年だったからこそ、さらりと言えた言葉なのかも知れない。 「今日は夕方から後夜祭だからさ、一緒にあれ見ようよ!」 ブーツを履きつつ言うリンデルに、男は干していたローブを手に取り振り返る。 「俺と一緒のとこ見られていいのかよ」 「ロッソがいい場所知ってるんだって。よく見えて、他の人には見つからないとこ」 リンデルが男から受け取ったローブをくるりと身に纏う。 「ふーん……」 カースがあの従者の姿を思い描いている間に、リンデルは扉を開けた。 「じゃ、仕事終わったら迎えに行くからっ」 「おい、大きい声出すなよ」 嗜める男に、リンデルは駆け出しながら、振り返りざまにウインクをひとつ送って手を振った。 「…………は……?」 唖然とする男を置いて、うっすらと白んできた村の中を、勇者は元気に走り去っていった。 ……なん……なんなんだ、あいつ。いつの間にあんな……。 バタンと扉を閉めて、カースは扉に鍵をかけると、そのまま扉に背を預ける。 さっきのリンデルの、悪戯っぽいウインクがくっきりと目に焼き付いている。 人懐こそうな、柔らかい笑顔。 それがパチッと片目を閉じただけで、何で、こんなに…………。 男は片手で顔を覆った。 自分の顔が、いや、多分耳までも、赤く染まっていることが分かる。 ただのウインクだ。と思おうとすればするほどに、まるでそれは投げキッスか何かだったかのような気さえしてくる。 そう、まるで、耳元で、愛していると……囁かれたようで。 「……っ」 途端、力が抜けて、男は背を扉に預けたまま、ズルズルとその場に座り込む。 「くそ……っ。リンデルめ…………」 男の、小さな小さな独り言は、誰にも聞かれることなく、雪の朝に溶けた。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません