作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

太陽が真上を回った頃、カースは村を出て少し行ったところの、街道を見下ろせる場所にいた。 村の方から、鳥に跨った勇者一行が出てきたのが小さく小さく見えている。 まだこの辺りを通りかかるまでには、もうしばらくかかるだろう。 男は、まだ雪を葉の上に残している木へ、慎重に背を預ける。 雪は、全部降ってきたところで死ぬほどの量ではなさそうだが、進んでかぶるつもりもない。 悴む手を擦り合わせようにも相手がないので、短く残った右腕を左手で擦った。 はぁ。と吐く息が白く揺らめいて消える。 足元でキラキラと日差しを反射する雪に、昨夜の青年の横顔が過ぎる。 金色の瞳を輝かせて、淡い金髪を夜風に靡かせて、リンデルは嬉しそうな顔で光の粒を眺めていた。 この横顔をいつまでも見ていたいと、そう思った。 ……あんな顔がまた見られるなら、来年も寒空の下、夜を過ごしたっていいだろう。 俺も、最初の何年かはあの光に感動したりもしたが、そのうちに慣れてしまって、最近は会場に行くこともなかった。 そう思ってから、少し違うことに気付く。 もしあの男がまだ元気だったなら、きっと今も、毎年祭りに顔を出し、焼き饅頭でも買って帰っていたのだろう。 俺が、そんなに食うと体に障るぞ。と言って。あの男は、全く耳を貸さずに笑いながら饅頭を食ったんだろう。 ぽた。と足元へ、葉に積もった雪が溶けたのか、水滴が降った。 いつの間にか俯いていた顔を上げれば、リンデル達の乗る鳥の列がもうすぐそこまで来ていた。 リンデルは俺に気付くだろうか。 そう思った途端、先頭の青年が顔を上げる。 金色の青年は、俺と目が合った途端、破顔した。 「おいおい……勇者隊の隊長ともあろう奴が、部下の前でそんな無防備な顔していいのかよ……」 思わず呟く。 男の場所から街道までは、高さもあれば距離もある。 今のところ他の奴らが気付いた様子はなさそうだ。 村では見送りのやつがわんさといただろう。 そんな中でこんな顔をさせてはマズイと、男はわざわざ村を出たところで待っていたのだが、それは良かったのか、それとも……。 きっと村の中じゃ、俺を見つけてもグッと我慢したんだろう。とも思う。 結局、俺が笑顔を見たかっただけなんじゃねぇか。と男はやっと気付いて、自身の情けなさに自嘲を浮かべる。 リンデルはそんな男を見ると、周囲を視線だけで確認し、もう一度顔を上げた。 金色の瞳で男をしっかり捕らえると、ふわりと微笑みウインクを送った。 大好きだよと、愛してるよと、囁くように。 「っ!!」 男が手の甲で口元を押さえるのを見て、リンデルは満足そうに微笑む。 あの仕草だけで、カースが声を漏らしそうなほどに自分を感じてくれたのだと、リンデルには十分に伝わった。 たとえ男に、伝える気がなくとも。 斜め後ろに控えていたロッソが、主人の口元に浮かんだ笑みに気付いて視線を辿る。 そこには、木の影に隠れるようにして、男が佇んでいた。 「ありがとうございます」とロッソが唇で伝えると、男は精一杯表情を引き締めて「リンデルを頼む」と返した。 それに頷きで返す従者がどことなく淋しそうに見えて、カースは付け足す。 「ロッソも、無理するなよ」と。 途端、顔色こそ変えないものの、従者がピンと背筋を伸ばす。 元気が出たようでよかったと男が思う頃には、勇者達は目の前を通り過ぎ、後を隊員達が続いてゆく。 それを横目に、男はそっと木の裏へ回った。 まだ瞼には、あの青年の瞬きがくっきりと鮮やかに残っている。 どうしようもなく、目を閉じる。 が、それは逆効果だった。 真っ白な雪に照り返されて、キラキラと輝く金色の柔らかな微笑みが、男の耳元でそっと愛を囁く。 「……っ!」 男は、耳まで真っ赤に染まった頭を抱えてしゃがみ込む。 もう去ってしまったのに。 次はいつ会えるともわからないのに。 こんなに心を奪われたままで、俺は一体どうしたらいいのか。 「……ああくそ…………いっそ、ひと思いに殺してくれよ……」 男は雪の中、手渡された愛を腕いっぱいに抱え込んで、途方に暮れる。 「……リンデル……」 縋るように名を呼ぶと、男の胸で金色の青年が鮮やかに笑った。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません