作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

日も陰り、薄暗くなってきた村の中を、足早に進む人影がひとつ。 雪は風とともに強くなり、視界を白く染めてゆく。 ノックの音に、カースは扉を開けた。 「カースっ」 「とにかく入れ」 男は、自身を一目見るなり破顔した青年に苦笑を浮かべつつ、その肩をぐいと中に引き込むと、扉を閉めた。 風とともに勢いよく室内に飛び込んだ雪が、力を失いふわりと舞い落ちる。 「どうだった? 見ててくれた?」 目深に被っていたフードを脱ぎつつ、青年が期待を浮かべて尋ねる。 「ああ、立派だったよ」 ふ。と口角を上げて、森色の瞳が緩やかに青年を撫でた。 「そっかー、ふふふ」 簡潔に褒められて、青年は見えない尻尾をブンブンと振る仔犬のように体を揺らす 。 「お前一人か?」 扉の外に、人の気配はない。それでも男は念のため尋ねた。 「うん」 「あの従者はどうした」 「ロッソは……俺の身代わりになってくれた」 「ん?」 どこか不穏なその単語に、カースはリンデルの次の言葉を待つ。 「俺は日中の疲れが出て、宿で休んでることになってるんだ」 「……それでそんな格好で来たのか」 カースは僅かに入ってしまった肩の力を抜きながら、金色の青年を上から下まで眺めた。 リンデルは、ラフな普段着の上から全身を包むようなローブを着ていた。 ちょうど雪も吹雪になりつつある今なら、そう怪しい格好でもないだろう。 (しかし、あの従者が、こいつを一人にするなんてな……) カースがどこか信じられないような顔をしているので、リンデルは小さく苦笑する。 「俺だって、村の中くらい一人で歩けるよ」 「夕飯は済ませたのか?」 「ううん、まだ。だってカースのシチュー食べる約束したよね?」 「……毒見はいいのか?」 「カースは、ロッソに信頼されてるんだよ」 リンデルの濡れたローブを片腕で器用に干していたカースが、その言葉に振り返る。 ……そうなのだろうか。 こんな、呪われた俺を? そう長く、共に過ごしたわけでもないのに? それどころか、今日なんて、あの従者を殺気で炙ってしまったと言うのに。 「……早く名を決めないと、な……」 あの従者の顔を思い浮かべて、カースはポツリと呟いた。 「名前……?」 リンデルが首を傾げる。 「ああ、俺の呼び名だ」 「カース……?」 「……お前がその言葉を口にするのは良くないようだ」 カースはリンデルを椅子へ座らせると、食事の用意を始める。 先に、ほんの少しの軽い酒を出されて、リンデルはそれに口を付けた。 「ロッソが、そんなこと言ったんだ……」 「責めてやるなよ? あの従者は間違っちゃいない」 「……」 リンデルは両手で酒の入った小さなグラスを包んでいる。 その水面を、じっと見つめていた。 「考えてはいたんだが、なかなかこれというのを思いつかなくてな」 リンデルは何も言わなかった。 しばらく、二人の耳には食事を用意する音だけが聞こえる。 「……カースの、本当の名前はなんていうの?」 静かな声だった。 問われて、男が振り返ると、金色の瞳が真摯に男を見つめていた。 墓の前でロッソに言われた言葉が、耳に蘇る。 もう二度と、聞くことはないだろうと思っていたその名……。 男は、その金色から目を逸らして、掠れた声で答えた。 「……ゴルラッド・ディ・クルーヴ」 この名をまた口にする日など、来るはずがないと思っていた。 たとえリンデルに問われたとしても、生涯伝えるつもりはなかった。 なのに、なぜか、今、口から零れてしまった。 「クルーヴって言うんだ?」 呼ばれて、男が表情を嶮しくする。 「……やめろ」 苦し気な男の様子に、リンデルは優しく尋ねた。 「どうして? 俺はカースの本当の名前、教えてもらえて嬉しいよ」 「もう捨てた過去だ……」 「……そっか」 リンデルがそれきり黙った事に、男は内心安堵しつつ、作業に戻る。 昔から、こいつはなんでも聞いてくるやつではあったが、こちらが嫌がればそれ以上踏み込むことはなかった。 どうやら、そんなところも、変わらずにいてくれたらしい。 心の奥が安心感で温かくなるのを感じながら、男は器にシチューを注ぐ。 間もなく、二人分の食事が食卓に並べられ、男も青年の向かいに腰を下ろした。 「じゃあ、新しい名前は俺がつけてもいい?」 顔を上げれば、温かい金色の瞳が二つ、男を見つめている。 目の前でもうもうと湯気をあげている料理よりも、なお温かな色をした瞳。 男はゆっくり頷いた。 「んー……、シチューが美味しいから、シチューとか?」 「おい……」 森色の瞳が半分隠れる。半眼を向けられてリンデルは悪戯っぽく笑った。 「カースはさ、今の名前が好き?」 「……いや……。そんな、ことは……」 ほんの少しの動揺を滲ませた男の言葉はそこで途切れる。 カースというのは、あの男が付けた名だった。 名を捨てた俺を、あいつが勝手にそう呼んだ。 お前にはお似合いだと、そう言って、クックッと喉の奥で笑っていた。 茶色がかった黒髪を、手入れのされていないボサボサの頭を揺らして。 ここではないどこかを見ながら黙ってしまった男を、青年は見つめる。 なんとなく、分かってはいた。 この家には、ほんの少しだけれど、あの獣と煙の臭いが残っていたから。 でも尋ねたことは無かった。 俺と離れてから、今まで、誰と過ごしていたのか。とは。 今、彼が一人なら、それでいい。 ずっと、そう思おうとしていた。 それでも、こんな風に、時折心を奪われている様を見せられると、どうしようもなく暗い何かが心に滲んでしまう。 この人の前でだけは、あの頃のままの、まっさらな自分でいたいのに……。 「リンデル、冷めるぞ」 声をかけられて、リンデルはハッとする。 手の中の木の器から、少し冷めてきたシチューを掬って口に入れる。 あの頃と同じ。 あの頃と同じ味がするはずなのに。 今の自分にはどこか苦く思えた。 「お前が……呼んでくれるなら、なんだっていいよ」 男が、そっと労わるように言う。 リンデルが黙っているのを、名前に悩んでいるからだと思ったのだろう。 リンデルは、ほんの少し迷った後、心を決める。 今の名をつけたのが誰かは、もう考えないことにしよう。 カースが今の名を捨てたくないと思うなら、やはりここは、彼の気持ちを優先したい。 「……じゃあ、カーシュっていうのは、どうかな?」 「カーシュ……」 男が、確かめるように繰り返す。 「これなら、俺がうっかり呼び間違えても誤魔化せるしさ」 リンデルが悪戯っぽく笑うと、 「そうだな」 と男が口元を緩めた。 「それに、全部変えなくても、俺が外で呼ぶときだけでいいよ」 「分かった。そうしよう」 穏やかに目を細める男を、リンデルはどこかホッとしながら見た。 自分の中の醜い部分を、今日もこの人に気付かれずに済んだ。と。 しかし、ここで安心したのはまだ早過ぎたと、リンデルは後から気付くことになる。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません