恋は盲目、月の耳
恋愛 全30話 完結済み
盲目の男・祐樹と難聴の女子高生・みりか。 とある満月の夜に、お互いの視力と聴力の回復を願う。 すると、二人の視力と聴力が交換され、祐樹が難聴、みりかが盲目となってしまった。 みりかは祐樹の顔を見られなくなったことにより、却って想い焦がれてしまう。 一方、祐樹は片想いだった女性の顔を久々に見て、過去の恋愛を思い出す。 感覚が入れ替わったことによって始まる、二人の交流の日々。 ときに微笑ましく、ときに切ない、不思議な恋の物語。 そして、みりかにまつわる思いがけない真実が明らかとなる――。 ※「小説家になろう」「カクヨム」「アルファポリス(外部リンク登録)」にも掲載していますが、収益は受けていません。

小説をフォローするには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

目次
祐樹① 小さな手の温もり
2020/09/14 12:36
祐樹② 瞼の裏の流星群
2020/09/15 10:40
みりか① 涙を流すために存在するもの
2020/09/15 13:43
みりか② 寝癖
2020/09/16 10:22
祐樹③ 視力を取るか、聴力を取るか
2020/09/16 13:17
みりか③ これはまずいなぁ
2020/09/17 09:24
祐樹④ 秘めごと
2020/09/17 12:07
みりか④ 恋
2020/09/18 23:21
祐樹⑤ 風の音が好き
2020/09/19 03:01
みりか⑤ 好きな人としたいことランキング
2020/09/19 05:39
みりか⑥ 痛い
2020/09/20 06:16
祐樹⑥ バイバイ
2020/09/20 12:06
みりか⑦ 水族館のパンダ
2020/09/20 15:17
祐樹⑦ 高校時代(前編)
2020/09/21 00:44
祐樹⑧ 高校時代(後編)
2020/09/21 04:58
みりか⑧ どっちの思い出
2020/09/21 07:52
祐樹⑨ 遭遇
2020/09/21 12:34
祐樹⑩ この光の向こうに、君がいる
2020/09/22 01:12
祐樹⑪ Mari
2020/09/22 04:33
祐樹⑫ 3K
2020/09/22 09:04
みりか⑨ 視覚も聴覚もない世界
2020/09/22 13:05
祐樹⑬ 太陽と月、ふたりぼっち
2020/09/23 14:33
みりか⑩ Mirika
2020/09/24 10:42
祐樹⑭ 旅の果てに
2020/09/24 13:09
みりか⑪ お母さんへ
2020/09/25 15:44
祐樹⑮ 声
2020/09/26 00:41
みりか⑫ 大きな手の温もり
2020/09/26 04:23
祐樹⑯ 初めて君と話した。
2020/09/26 09:20
みりか⑬ 人生で最後に聞こえた言葉
2020/09/26 09:55
エピローグ アイ
2020/09/26 12:19
応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません