向日葵みたいに君が好き
《小学二年生》第八話

作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

 僕も誰も謝っていないから、喧嘩でもいじめでもないけれど、僕はそれからしばらく揶揄いつづけられることとなる。    ゆらは鈍感なのかなと苛立ちを覚えることもあった。それともわざとなのかななんて思ってしまいそうになる。  その頃のゆらは、僕がどこに居ても見つけられそうな勢いで「つかさくん!」と誰よりも早く僕のところにやってくる。  よう太は前に言っていたようにゆらを揶揄うことはしない。  他のみんなもそうだ。  ゆらがいる時も僕を揶揄わない。  他の女の子がいても揶揄わない。  まるで男子の秘密のように、男の子だけになると賑やかに針のむしろにされてしまう。  こういうことをされるのが嫌いな僕は、家に帰っては母さんと父さんに癇癪のように吐き出して、けれども「先生に言ってあげようか?」と言われると断った。  うっかりゆらが嫌な思いをしてしまったら嫌だ。

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません