作品に栞をはさむには、
ログイン または 会員登録 をする必要があります。

⁂  それから当然のように、早紀子は私達の中に入ってきた。  放課後も三人で遊んだ。  別に嫌ではなかった。  早紀子がいればクラスでボッチになることもなかったし。  そのうちほかの子も声かけてくれるようになって。  スクーリングも、それなりに楽しくなった。  意外に私より年上の子もいて。  深入りはしないなりに、仲良くなれた。  皆なんで来たかは話さない。  だけど、それなりにワケありって感じで。  それが居心地がよくて。 (底辺とか、そういうの決めつけてたのも、私自身)  みんないい子だし、優しいし、頑張ってるし。  見下してマウントとる気にはもうなれなくて。  自分なりにみんな戦って生きてるんだって、わかった。   たまに垣間見見える影とか、ぐったりしたまま登校することか。  急に休んだと思ったら、やせて戻ってくることか。  皆それなりに苦い思いをしながら、踏ん張って学校に来ている。  だから私はお腹が痛くなっても、薬を飲んででも学校に来るようになった。  甘えて、腐った私を切り捨てたくて。 「美憂ちゃん、今日はみんなでカラオケ行こう―」 「うん、行こうか。早紀子」  自分に向かって微笑んでくれる友達を失いたくなくて。  初めて人の話をよく聞いた。  初めて共感ってものを意識的にして。  初めてのことをいっぱい感じて、学んだ。  マウントを取って笑っていいような人間なんか、いないのだと悟った。  それを知ってから、無性に過去の自分が恥ずかしく思えて。  あの頃馬鹿にしてたあの子も、きっと。影では泣いてたかもしれない。  そう思うと後悔でおなかが痛くなりそうだった。  勝ったつもりになりながら、私は負けていたんだ。  ずっと自分のみじめなプライドと汚い感情に……負けていたんだ。 ⁂ 「英寿先輩、美憂ちゃんと付き合ってるんですかー?」  早紀子が好奇心むき出しの目で聞いてきた。  そう言えば、はっきりと付き合ってはないんだっけ。私達。 「付き合ってはないけど、オレは好き」 「そうなんですかぁ」  ちらり、と私を見る早紀子。  反射的に私は目をそらす。  どこか早紀子は落ち着かない様子で英寿を見ていた。 「……そうなんですねぇ……ふぅん」  ぼそぼそと何かをつぶやいて、早紀子は消えた。  そして大量のジュースを買ってきた。何事。 「これ、あたしの気持ちです」  早紀子は叫んだ。 「ありったけのお金でジュースを買いました。それ、英寿先輩にあげます!」 「え? あ? ありがとう」 「美憂ちゃんも好きだからあげる! 一緒に飲んでいいよ」 「……あ? うん? どうも」 (なんのこっちゃ……) 「あたし、好きですから、英寿先輩の事!」 「? ありがとう早紀子ちゃん」 「大好きですから!」  そう言って早紀子は手をぶんぶん降って消えていった。  嵐のように。  あたしと英寿は、顔を見合わせて首を傾げた。 ⁂ 「そういえばさ、前さ……早紀子ちゃんが泣いてたんだよね」  英寿が帰宅中にいきなり言った。  そんな話初耳である。 「え、早紀子が?」 「色々抱えてるんだろ。早紀子ちゃんも」 「で、どうしたの? あんたは」 「傍にいて、ハンカチ渡して肩を貸してあげたけど」 「少女漫画かよ」 「だって、泣いてる後輩を無視できるかよ。美憂の大事な友達だし」 「……あっそ」 (私の大切な友達、だからか……)  なんだかその言葉が無性に嬉しいのは、なぜか。  特別扱いされてるから?  それってやっぱり私は英寿が……。 「まあ、だから、早紀子ちゃんを大切にしなよって言いたかったわけ。オレは」 「わかってるよ。それぐらい」 「まあ、根はいいやつだもんなあ、美憂は」 「あーもう。恥ずかしいこと言わないで」 「この照れ屋さんっ」 「うるさいっ」 「まあ、そこがかわいいんだけど」 「ああ!?」  思わず声が裏返る私。英寿は爆笑しそうな顔で私を見てる。  こんな日々がわたしの今の当たり前で。  それが恵まれてるのは、今までの経験上わかってた。  わかってたけれどもうずっとそれが続くように、錯覚してた。  楽しいだけの人生なんてないって、知ってたくせに……舞い上がってたんだ。  

応援コメント
0 / 500

コメントはまだありません