すべての作品

Purple Violet ◇ 堅物実直な男前ノンケ親友への長い長い片思いを、27年越しに伝えてしまったゆるふわ一途イケメンのお話。切なさ特盛のラブコメ甘々騎士団ファンタジーBL。
シリアスとコメディを混ぜつつ、最後はたっぷり甘い仕上がりのBLです。 鈍感で真面目なノンケ隊長が、向けられる純粋な好意と献身に少しずつ絆されて、友情だったはずのものが、次第に変わってゆくお話。 軽口を叩きながらのえっちシーンや、ほんの少しだけリバもあります。 語り手はシーンによって変わります。1話はレインズさんからです。 1話 騎士団長の忠告 2話 蟻と王都と祝い酒 3話 青天の霹靂 4話 後悔に溺れる[R18] 5話 花のような[R18] 6話 こぼれた水 7話 二度目と、初めて[R18] エピローグ 騎士の名にかけて ↓中身はこんな感じです。 魔物と、それを倒す騎士団のいる世界で、小貴族の三男坊で金髪碧眼イケメンのレインズ(13)は、騎士団で剣術指導を担当する父を持ちつつも、自分本位な性格から自身は騎士には向いてない、と気楽な学生生活を送っていた。 夢や生きる目的はなくとも、大した不満もなく過ごしていたある日、たまたま目にした剣の試合で、同い年の少年の、強く優しくひたむきな眼差しに強く惹かれてしまう。 親の勧めもあり入寮を条件に騎士団の幹部候補生を育てる学校に入学したレインズは、中等部の頃ずっと見つめていた少年ルストックに再会する。 魔物から彼を助けたのがきっかけで、ルストックと親交を深めてゆくレインズ。 自分の気持ちが恋心だと気付いても、それを告げることができないまま、ともに学生時代を過ごし、ともに騎士団に入り、ともに小隊長へとなってしばらくした頃、ルストックから「好きな子ができた」と告げられる。 親友のため、告白のアドバイスからデートの世話まで甲斐甲斐しく世話を焼くレインズ。 ルストックが幸せならそれでいい。 そう思い、自分の気持ちに蓋をするレインズだったが、ある日、ルストックの妻子は王都を襲った魔物によって、ルストックの目の前で喰われてしまう。 自棄になり敵討ちに暴走するルストックと、それを庇って大怪我を負うレインズ。 ルストックの、レインズへの恩は日々重く積み重なり、 レインズの、ルストックへの想いもまた、封ができないほどになっていた。 『囚われの勇者』スピンオフ作品ですが、元シリーズは読んでいなくても大丈夫です。 ※勇者達はほとんど出ません。 作中にも出てくる紫のスミレの花言葉は 『白昼夢』と『あなたのことで頭がいっぱい』です。
RFN小説『夢宙のたましい』
この長編小説を、既成のジャンル分けすることは困難です。相応しい表現をすれば、現実的架空小説・Realistic fictitious novelでしょうか。 私事の造語ですが『RFN・リヒノ』と名付けました。今まで誰もが関心ありながら書こうとしなかった、特異な創作小説と理解して戴ければ幸いです。今回はすべての生物の共通項であり、その生物にそなわる魂《たましい》の本源を追求。これがこの小説テーマです。 【人はどこから来て、どこに行こうとしているのでしょう】。それを探り出します。 時は20XX年、明日かも知れない近未来。環境破壊や多発する自然災害、世界紛争。その人心の乱れに呼応するように、【夢宇宙(夢宙)】から【根源悪】が現世に侵入して来ます。それらは【世界平和】の先導国の使命を有した、日本の古き都である京都で【獣人式】を行う目的です。獣人式によって、これまで単に魂の存在であった悪魔が、人間の躰を得て【新人種・ミュート】を誕生させようとします。これを知る【宇宙の節理】が働き、その悪魔(魔軍)と闘うべき仏の眷属{仲間}が発現し闘いに挑むストーリーです。人間の愛情や悪魔の愛情の葛藤をからめて、エピソードはあちこちとオムニバス形式で進みます。そしてクライマックスに向かって統合されていきます。 物語を最後まで読み耐えることができれば(笑)、読者はきっと自分の存在意味や人生の目的など、何かしらの思慮を得られるだろうことを期待しています。 作品中に作者の経験値に基づく宗教用語が多く出てきますが、これらの意味や情報はスマホ検索で得られる時代です。ただし偏った人々の我見や、フェイクな情報も多いようですから、読者の皆さんの正視眼(※医学用語でなく、事象の本質を見抜く力)で正論を読み取って下されば幸いです。 尚、この小説の原作はAmazonサイトで作家デビュー済ですが、不満足な内容です。このたび大幅に推敲・改稿して完全版としてUPします。したがってテーマが似てはいますが、内容は全く別物となる予定です。ご意見やアドバイスがあれば、私は悪魔プーチンではありませんから(笑)、怖がらずに教えて下さい。非難中傷でないものには、必ずご返事します。 SORA TENNGO
ハチドリ
【あなたの見ている世界は、普遍ですか。】 朝野凜が勤める小さな会社に、風変わりなデザイナーが入社した。 色覚異常を持つデザイナーと、心に苦しみを秘めたディレクターのお仕事と恋愛。 表紙はこちらからお借りしました。 小説表紙/Blur(滲む) part2 | ソラ https://www.pixiv.net/artworks/64368661 ◆全74話。1日1話、18時前後に更新。遅れることもあります。 ※注意事項※ ・取材は行っておりません。できる限り調べてはいますが、違和感のある表現があるかもしれません。 ・当作品はフィクションです。作中に同一の名称があった場合でも、実在する人物、団体、地名等とは一切関係がございません。 《登場人物》 朝野 凜(あさの りん)…ウェブディレクター 清瀬 和臣(きよせ かずおみ)…デザイナー(新入社員) 茅場 遼介(かやば りょうすけ)…クルールデザインラボ 社長 土浦 拓人(つちうら たくと)…クルールデザインラボ 副社長 三田 綾子(みた あやこ)…総務部長 宮本 誠治(みやもと せいじ)…ウェブディレクター 狭山 信宏(さやま のぶひろ)…デザイナー 石黒 千景(いしぐろ ちかげ)…ウェブディレクター 川倉 義之(かわくら よしゆき)…デザインチームリーダー・アートディレクター 佐久間 唯(さくま ゆい)…ウェブマーケター、アナリスト 梅澤 奈緒(うめざわ なお)…マークアップエンジニア(コーダー) 鈴原 悠一(すずはら ゆういち)…営業 ※ファーストネームが作品内に出てこないキャラクターもいます