児童小説のブンゲイ

彼らの神話 / earth-No3
「世界はこれまでに二度滅んでいる!」砂漠の街サムエリナに突如現れた預言者ヒロエム。 サムエリナの若者村に暮らす幼馴染のレイとマハは、ある日、街の市場で預言者ヒロエムの辻説法に出くわす。 レイが面白半分にその辻説法を見物したときから、レイとマハの平穏だった生活は一変する。 その後、レイとマハは突然意識を失い、不思議な世界へ導かれていく。 そこには預言者ヒロエムがおり、レイとマハに「宇宙の仕組み」を教え、この世での二人の使命を明かす。 それは救世主、ユリア・アリエスの命を守り、この世界の破滅を防ぐことだった――。 ユリアが死ねば、この世界は滅ぶ。 それが神の意思だというヒロエム。 レイとマハの運命は、次第に歴史の歯車に翻弄されていく。 レイとマハが暮らす世界の本当の姿とは?  彼らが信じる神の本当の姿とは?  次第にその真実が明かされていく。 昔懐かしい、ティーンエージャー向けの「SFジュナイブル」を意識して書いたものです。 是非大人の方にも読んで欲しいと思っています。 レイとマハの世界を救うための大冒険を、皆さん、応援してあげて下さい! ログインしてない「読み専」の方、コメントやご意見はこちらへ⬇️🤓 https://twitter.com/tatsuta3636