有料の作品

心理捜査
山本ひろし名義による2005年第1回チュンソフト小説大賞金賞受賞作品です。 絶版になったまま放置していましたが、このたびステキブンゲイさんに投稿させていただきました。 警察組織が密かに進めていた特殊な捜査手法をめぐる殺人事件。意外な真相に気づける人、いるかな?  山本甲士(やまもと こうし) 1963年生まれ。1996年『ノーペイン、ノーゲイン』で第16回横溝正史ミステリ大賞優秀作を受賞。 主な著書に、ロングセラーとなっている『ひかりの魔女』シリーズや『迷犬マジック』シリーズ、冴えない中年男が逆転劇を見せる『ひなた弁当』『ひなたストア』、巻き込まれ型小説として評判を呼んだ『どろ』『かび』『とげ』『つめ』『俺は駄目じゃない』の他、『そうだ小説を書こう』『かみがかり』『ひろいもの』『迷わず働け』『運命のひと』『戻る男』『めぐるの選択』など。 『ひかりの魔女』シリーズは三部作の累計が20万部以上、『ひなた弁当』は累計13万部以上。 『かみがかり』は『髪がかり』のタイトルで映画化された(主演は夏木マリ)。 『とげ』は『とげ 小市民 倉永晴之の逆襲』のタイトルでテレビドラマ化された(主演は田辺誠一)。 その他、山本ひろし名義で2004年『君だけの物語』第13回小川未明文学賞優秀賞、2005年『心理捜査』第1回チュンソフト小説大賞金賞をそれぞれ受賞。 ブログ 山本甲士/もの書き生活 https://ameblo.jp/mtbookbigsentence/