スポーツ・音楽の作品

タマシイを抱いてくれ ~Re:168cmの日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道〜
『現代フットボーラーはまず、アスリートでなければならない』 高校2年生でプロサッカー選手契約を結んだ少年、向島大吾。 彼は小学生6年生の時点で168cmある、体格を頼みにした大型フォワードであった。 だがそれから先、身長は全く伸びず、武器であったはずのアスリート能力が逆に足を引っ張ることとなり、よくある早熟の選手でサッカー人生を終えるかと思われた。 しかし、大吾はそのあと基礎技術を徹底的に磨き、テクニックにステータス全振りの選手としてプロサッカー界を生き抜いていくこととなる。 168cm・54kgの貧弱な大吾はデビュー戦で前代未聞の圧倒的な活躍を魅せ、魑魅魍魎が潜むプロサッカー界を渡り歩いていく。 すべては『サッカー界・世界最優秀選手賞』=『バロンドール』をその手中に収める日まで…… バロンドール:1956年にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が創設した世界年間最優秀選手に贈られる賞。この賞は、初代受賞者である元イングランド代表のスタンリー・マシューズがその輝かしい実績と裏腹にタイトルに恵まれなかったことから、マシューズの功績を称えるために作られたのがきっかけであると言われている。設立当初はヨーロッパ国籍の選手のみが選考対象であったが、1995年からはヨーロッパのリーグでプレーする選手なら国籍は関係なくなり、2007年から全世界のリーグに受賞対象が拡大した。『Ballon d'Or』はフランス語で『黄金の球』という意味で、受賞者には金色のサッカーボールを模したトロフィーが贈られる。受賞者の中で最も低い身長は165cmの元デンマーク代表、アラン・シモンセン。 『内なる炎・持続する熱』
ストリング・クロス
こんな時代だからこそ、弾き手と聴き手の絆を、忘れないために…… 空良(そら)は、定期旅客船で旅をしていたある夜、船内で音楽を演奏する仕事で乗船していたヴィオリスト・笠舞那岼(かさまい なゆり)に出会う。 共通の趣味のお酒や、偶然暴漢から那岼を助けたことなどを経て、少しずつ親密になっていく2人。 出会った翌日の昼下がり、展望デッキで昨夜に続いて偶然顔を合わせた空良と那岼。しかし、突然空良は甲板へと倒れてしまう。 部屋へと運び看病する那岼と、意識を取り戻した空良。そこで空良が語り始めた"思い出"は、那岼の想像を絶するものだった…… 偶然から巡り会った2人の、運命を大きく動かす物語が、幕を開ける! ヴィオラをテーマ楽器に据え、聴き手を主人公とした音楽系ノベルです。 主人公が再生に、ヒロインが願いに挑む姿が、1人称によって展開してゆきます。 物語の雰囲気を彩るものとして、お酒も多く登場し、物語の流れを締めるため、バトルファンタジー要素も含まれています。 "弾き手と聴き手の絆"を大テーマに据え、楽器奏者からも高い評価をいただいたことがある、本格派の作品です。 老若男女を問わず楽しんでいただける、エンターテインメント作品に仕上がっていると思います。 (第2回ステキブンゲイ大賞1次選考通過作品) --------------------------- 著者:悠川 白水(サークル 白水の小説棚) 表紙イラスト:みやび(サークル 梟の栞)