スポーツ・音楽の作品

女子高生ボクサー・シュガー麗
【コンセプト】 今の世の中、男も当たり前のように化粧をして眉を整えエステにも通う時代に、女にとって命の次に大切な顔を犠牲にしてまで殴りあう女子ボクサー達の激闘。 「女子ボクシング」を、男とは違った女ならではの要素・エピソードを取り入れ、既存の漫画や小説より深いボクシングの知識やボクサーの心理、技術を盛り込んだ、男を凌ぐ『女の熱き拳闘』という部門(ジャンル)を読者に伝える。 【概要】 (主人公)麗には二人のライバルが現れた。 モデルで首席なセレブ嬢の青山聖(きよら)と、家出してホストに嵌って風俗に堕ちたあげく(ホストクラブで大立ち回りを演じ)女子刑務所へ送られた風吹影鯉嘩だ。 そして、三人(麗、聖、影鯉嘩)に絡む日本王者のママさんボクサーや北朝鮮から来た鬼姫、世界で最も美しくて強い女子ボクシングの世界王者である拳の女王。ボクシングは、最後まで立っている者が主人公なのだ。 鬼姫のマネージャーが、ドーピングで麗と青山と風吹を陥れようとする。実はこれは不良品で、使ってしまえば強い副作用で再起不能になってしまうという代物だった。麗、青山、風吹はそれぞれの個性で対処する。 彼女たち(女子ボクサー)はボクシングに出会うことで、どう変わっていくのか。 さらに、そこから何を得ることが出来るか。ボクシングという競技を人生に照らし合わせて、答えを見出していくなかで、麗は会長と母が元夫婦であることを知ってしまう。皮肉にも、母が大嫌いなボクシングを麗がやることで家族は元の鞘に納まった。 そして、麗はいつも通り学校へ行き、道場でサンドバッグを叩く。 人生への大きな一歩を目指して。 【キャッチコピー】 「ボクシングの魅力は、女の艶でさらに増す」 「女子ボクシングは、男の二番煎じなんて言わせない」 「ワイルド&エレガント」 【作品構成】 序章1・2、本編・第1章(5話)第2章(2話)第3章(3話)第4章(5話)
ストリング・クロス
こんな時代だからこそ、弾き手と聴き手の絆を、忘れないために…… 空良(そら)は、定期旅客船で旅をしていたある夜、船内で音楽を演奏する仕事で乗船していたヴィオリスト・笠舞那岼(かさまい なゆり)に出会う。 共通の趣味のお酒や、偶然暴漢から那岼を助けたことなどを経て、少しずつ親密になっていく2人。 出会った翌日の昼下がり、展望デッキで昨夜に続いて偶然顔を合わせた空良と那岼。しかし、突然空良は甲板へと倒れてしまう。 部屋へと運び看病する那岼と、意識を取り戻した空良。そこで空良が語り始めた"思い出"は、那岼の想像を絶するものだった…… 偶然から巡り会った2人の、運命を大きく動かす物語が、幕を開ける! ヴィオラをテーマ楽器に据え、聴き手を主人公とした音楽系ノベルです。 主人公が再生に、ヒロインが願いに挑む姿が、1人称によって展開してゆきます。 物語の雰囲気を彩るものとして、お酒も多く登場し、物語の流れを締めるため、バトルファンタジー要素も含まれています。 "弾き手と聴き手の絆"を大テーマに据え、楽器奏者からも高い評価をいただいたことがある、本格派の作品です。 老若男女を問わず楽しんでいただける、エンターテインメント作品に仕上がっていると思います。 (第2回ステキブンゲイ大賞1次選考通過作品) --------------------------- 著者:悠川 白水(サークル 白水の小説棚) 表紙イラスト:みやび(サークル 梟の栞)
スタートからロングロングスパート(俺達はバトルランナー)
No Image
◆野球一筋だった主人公が、高校入学と同時に思わぬ形で入部することになった陸上競技部で繰り広げられるスポーツと青春と恋の物語◆ (あらすじ)  小学校、中学校と野球漬けの生活を送ってきた陸斗。幼い頃から抱いていた「プロ野球選手になりたい」という夢は中学時代に諦めたが、「中学校の教師になって野球部の顧問をする」という新たな夢を抱き、進学校に合格した。  陸斗の小学校、中学校時代のチームメートで、県内屈指の名内野手である猛も同じ高校に入学することが決まっていたが、高校の仮入学式で中学時代に県内ナンバーワン投手との呼び声が高かった天才サウスポーの大志も同校に入学することを知る。この二人が一緒なら甲子園も夢じゃないと舞い上がる陸斗だったが、猛の考えに感化されて野球をやめ、猛と一緒に陸上競技部への入部を決意する。  入学早々、陸斗と猛を野球部に入部させたい野球部員との一悶着があったものの、二人は無事に陸上競技部に入部する。陸上競技部には個性豊かな人材が集まっていたが、その中に、かつて全国小学生陸上競技大会の一〇〇ⅿで準決勝まで進み、地元では「天才少年スプリンター」と呼ばれるも、その後は伸び悩んでいる浩二がいた。  高校二年生になり、猛は県内トップクラスの短距離選手として活躍していたが、陸斗は中長距離選手として、浩二は短距離選手として、伸び悩む日々を送っていた。  陸上競技部の顧問である橘は、剣道四段の腕前がありながら赴任する高校に恵まれず、意図せずして陸上競技部の顧問を引き受け、結局二〇年続けている男だが、選手の隠れた能力を見つけ出し、伸ばすことに関しては、陸上競技協会重鎮も一目置く存在であった。  二年生の秋を迎え、高校での競技生活が残り少なくなったこの次期、橘は部室に陸斗と浩二を呼び出し、ある種目に挑戦するよう提案する。橘が提案したその種目は二人とも同じ種目だった。  冴えないランナー陸斗と冴えないスプリンター浩二の高校生活ラストシーズンへの挑戦が始まった。  部内恋愛は禁止だが、陸斗が密かに想いを寄せる琴音との関係にも注目。 ※本小説はフィクションであり、実在の人物、団体とは一切関係ありません。また、陸上競技の技術書ではありませんので、あくまでも小説としてお読みください。