#和風ファンタジー の作品

羽林家(うりんけ)の姫君~謎解き時々恋の話~
棘薔薇呪骨鬼譚
★平安時代 × 明治大正ロマン × 古代から中世の中華文化 × ファンタジー★  主人公は先祖代々皇帝家に仕えてきた〈影〉の存在、杏守《あんずのもり》家の娘、翼禮《よくれい》。  一族は全員仙術師という特殊な存在で、京《みやこ》には他に仙術師は存在しない。  翼禮の血にはかつて最強と謳われた魔女にかけられた|呪《のろい》が大隔世遺伝によって受け継がれており、産まれた時から意志に反して身体に出現する〈棘薔薇《いばら》〉に苦しんできた。  暗殺をもいとわない仄暗い仕事を請け負いながらも、表向きは平穏な普通の家族として生きていたある日、皇帝家が簒奪され、新たなる王朝が誕生した。  国としての変革の時。それは翼禮も無関係ではなかった。  なんと、杏守家が新皇帝によって〈影〉の任務から解雇されてしまったのだ。  しかし、翌日、翼禮だけが再雇用されることとなり、それには理由があることを悟った。  杏守家にはある秘密があり、それが新皇帝にとって脅威とみなされたのだ。  この雇用はある意味監視。人質も同然であった。  両親が意を決して断ろうとした瞬間、翼禮は言った。  「喜んでお引き受けいたします。両親が賜ってきた恩を、わたくしがお仕えすることで少しでもお返しできましたら幸いでございます」と。  見極めてやろうと、そう、翼禮は思ったのだ。  先祖代々仕えてきたにもかかわらずばっさりと一家を切り捨てた新皇帝とやらを。  彼はまだ気づいていない。  〈影〉の中でも、一番厄介なものを懐に入れてしまったことに。  翼禮が請け負った仕事は京《みやこ》の安全を保つこと。  京の周囲にはいくつかこの世とあの世を繋ぐ太門《たいもん》という門がある。  その門周辺には妖魔《もののけ》や凶鬼《きょうき》が巣食っており、人間を食料として襲うという事件が多発していた。  魔物を倒せるのはそれ相応の力を持った者だけ。  翼禮は市井の人々を助けるため、山へ入り、太門に向かった。  すると、そこには普段とは違う、大きな力の痕跡が……。  これは間違いなく、魔物たちの王族、〈禍ツ鬼《マガツキ》〉に違いない、と、翼禮はたった一人、山の奥へと入っていった。
東の果てのマビノギオン
自分を「所有」している者に、莫大な富をもたらすという正体不明の「お姫様」を手に入れてしまった事で、歴史の表舞台へと上がる事になった源(みなもと)一族   だが、それを奪い返そうとやって来る正体不明の生き物たちと、戦い続けざるを得なくなってしまう。    源頼光(みなもとのらいこう)、渡辺綱(わたなべのつな)、坂田金時(さかたきんとき)、碓井貞光(うすいさだみつ)、そして卜部季武(うらべすえたけ)の5人は、時と場所を問わずに現れる敵と、生涯をかけて戦い続けることになってしまう    それ以降、由緒正しい鬼退治の家柄である、渡辺(わたなべ)、坂田(さかた)、碓井(うすい)、卜部(うらべ)という四つの家は、主君格である源(みなもと)家ともども、代を重ねて、この戦いを1000年以上続けていくことになる。      そして21世紀を迎えた現在、五つの家の血は薄まり、「敵」と戦える力の持ち主である「見鬼(けんき)」は、その数を大きく減らしていた。    渡辺家の、「本家」ではなく「分家(ぶんけ)」で初めて見鬼として生まれてきた渡辺(わたなべ)遥(はるか)は、ある日、突然、京都にある「坂(さか)ノ上(うえ)学院」へと強制的に転校させられる。    そこは、鬼に狙われ続けることを運命付けられた「繁栄をもたらす姫」こと源(みなもと)鈴子(すずこ)を守るための学校だった。    遥は、千年前、魂を封じられて謎の敵と戦うための武器と化した少女、「童子切安綱(どうじきりやすつな)」を卜部家の見鬼、季武(すえたけ)より与えられ、同じく見鬼の坂田(さかた)皐月(さつき)、碓井(うすい)由良(ゆら)と共に、否応なく戦いの渦中へと放り込まれてゆく。     源鈴子が、夢の中で会う「もう1人の自分」が誘う、正体不明の怪物「鬼」と、かつて平安京にて鬼退治で名を馳せた、頼光四天王(らいこうしてんのう)の子孫達との戦いは未来永劫続いてゆくかに思えた……