#学園 の作品

BLUE SKY~裸足の女神~
 クラスメイト達と打ち解けることができない蒼(そう)は、彼らと距離を取り、海の風景を描く日々を送っていた。  そんな蒼の幼馴染であり、初恋の相手でもある星羅(せいら)。彼女はその夏休み、彼氏に酷い振られ方をして傷つき、家で泣きはらしていた。  蒼はそんな星羅を、商店街の福引きで当てたセブ島旅行へ誘う。それは、星羅を元気づけるため、そして一緒に行きたいのは彼女だけだったから……眩しく輝く南国へと、一緒に旅立ったのだ。  蒼達はその旅行で、様々な体験をする。スキューバダイビングでは、小魚の群れにイソギンチャク、ジンベイザメにも出会った。そして星羅の誕生日でもあるその夜……蒼は星羅の誕生石であるペリドットのネックレスをプレゼントして。星羅も蒼に抱いていた、自らの想いに気付くのだった。 *  青い空、金色に照らす太陽。  果てしなく続く水平線……。  真っ白な砂浜を裸足で歩く彼女は、白い歯を見せてその水平線を指で差す。  その笑顔はキラキラと輝いていて、でも、陽が眩しくて顔が見えない。  僕の心が求めていたのは、彼女なんだ……。  そう、彼女こそ……。 *  セブ島にて蒼が描いた絵『BLUE SKY~裸足の女神~』は、絵画コンクールで金賞を取る。それは、その島で星羅を描いた絵で。二人はさらに、深い愛を確かめ合った。  そして、八年後……思い出のセブ島にて。  蒼は『裸足の女神』のヴェールをそっと上げて。二人は八年前に愛を誓ったその場所で、二回目となる『永遠の愛』を誓ったのだった。  果てしなく青い海と空……南の島の美しい風景が彩る純愛結婚ストーリー。ときめきと甘酸っぱさに溢れる物語を贈ります。