#年の差 の作品

トップシークレット☆ ~お嬢さま会長は新米秘書に初恋をささげる~
6月某日、梅雨なのによく晴れたある日――。一人のウェディングドレス姿の花嫁が、新宿の結婚式場で式を挙げようとしていた。 彼女の名前は篠沢(しのざわ)絢乃(あやの)。19歳の若さで大財閥〈篠沢グループ〉の会長を務めている。そして、彼女が結婚する相手は桐島(きりしま)貢(みつぐ)。絢乃より8歳年上で、会長付秘書を務めている青年で、彼女の初恋の相手でもある。 彼女は控室で、桐島との出会いから結婚に至るまでの経緯を思い返していた。 二人の出会いは20ヶ月前の秋。財閥の前会長だった絢乃の父、源一の誕生日パーティーの席でだった。この時すでに体調に異常をきたしていた絢乃の父のことを心配し、病院での受診を提案したのが当時総務課の平社員だった桐島なのだ。 彼のおかげで、父が末期ガンで闘病ののち逝去するまでの3ヶ月間を有意義に過ごすことができたと、絢乃は感謝していた。 父亡きあと、遺言で会長に就任することになった絢乃は、葬儀の日に送迎を担当した桐島に「自分に会長が務まるのか」と弱音を吐く。そんな彼女を支えるべく、桐島は「自分が秘書になります」と宣言。会長選任の取締役会でひと悶着あったものの、絢乃の母で篠沢家当主の加奈子が会長代行を務めることで承認を得、無事に絢乃が会長に就任した。 会長に就任したあとの絢乃はまだ現役の高校生だったこともあり、慌ただしい二足のワラジ生活を送っていた。桐島はそんな彼女を献身的に支え、送迎まで買って出る。 絢乃はいつしか、彼の存在に安心感を抱くようになるけれど、それが何という感情からくるものなのか分からなかった。 友人の中川(なかがわ)里歩(りほ)の指摘で、絢乃は初めて知った。それが恋なのだと――。 そして、絢乃は桐島の兄・悠(ひさし)の登場により、桐島もまた、自分に対して特別な想いを抱いていることを知り――。 高校卒業後、会長職に専念することにした絢乃は、恋人となった桐島との結婚願望を抱くけれど、彼はなかなかプロポーズしてくれず――?
ヨコハマ・ブルーファンク
No Image
大人な高校生・レイと少年なアラフォー・リュウの、愛と復讐と成長の物語。 R15。 ヒロイン:レイ(宇佐見礼)。高校3年生。付き合っていた生物学の教師に突然別れを告げられ、死のうと道路に飛び出し、リュウと出会う。学校では地味にしているが、切れ味鋭い頭脳を持ち、運動神経も抜群。祖父の導きにより投資でそれなりの財産も築いている。父親を知らないことが人生に濃い影を落としているらしい。 主人公:リュウ(宮嶋里優)。アラフォーのフリーライター。博士(理学)だが、研究職に就けずに科学関係の記事執筆などで糊口を凌いでいる。バツイチ。愛車は中古のアルファ・ロメオ147。 【あらすじ】 晩秋の夜。強い雨に包まれたつくばの郊外。アルファ・ロメオで横浜への家路を急いでいたリュウの前に黒づくめの女が飛び出してきて、危うく轢きそうになる。情にほだされラブホテルに泊まるはめになるが、相手は17歳の女子高生だった! 法に触れるのを恐れ、無関心を装って夜をやり過ごすリュウ。なぜか絡んでくるレイにリュウは翻弄される一方、その才気と魅力に惹かれていく。自分を捨てた教師に精神的な報復を果たそうとするレイ。その復讐にリュウは徐々に巻き込まれていく。 R15。