#戦争 の作品

戦火のアンジェリーク
【この残酷な世界に、“あなた”が存在していたという不条理を謳いたい。】 1938年。世界中が狂気の渦に呑まれつつある、初冬の英国。一人の少女が大都会──ロンドンにやって来た。 13年前。東オーストラリアのとある田舎町に、貧困と育児放棄が原因で、親戚が営む孤児院に使用人として引き取られた、アンジェリークこと、アンジュである。 彼女は天性の音楽好きだったが、歌と南半球の豊かな自然を拠り所にしながら、孤独に生きていた。そんな時、予期せぬ出会いから始まり、初めての友情、恋、辛い別れを経験した後に、外の世界で歌い手になる夢を追う為、赤道をはるばる越えて来たのだ。 未知の国での様々な出会い、ショービジネスの厳しい現実、新たな運命的な恋に落ちる中、戦争という暗黒の時流に巻き込まれ、やがて、自らの心の闇という壁にぶち当たることになってゆくのだが…… 「たとえ明日失っても、この人と“愛”の欠片を育てて、歌い続ける。それが、私の戦いです。」 愛を知らず、夢を失った一人の少女が、様々な出来事や歌うことを通して自己を模索し、大人に成長していく過程の苦難と挫折、喪失と再生を、恋愛を主軸に描いた波瀾万丈の人生譚。 ※史実を元にしたフィクションです。 ※身分や職業、生い立ちに対して差別的な表現が出ますが、当時の考え方や価値観に基づいた描写なので、偏見や思想の助長を意図しておりません。 ※R15程度の性的表現、PG12程度の残酷描写が、主人公脇問わず、ロンドン編中盤以降から登場しますのでご注意下さい。(該当エピソードのタイトルに★を付けます。) ※以前、他サイトに別名で投稿していた作品を再編成して、改めて掲載したものになります。月に約2エピソードを、分割して更新する予定です。 ※予告無しで加筆修正する可能性があるので、予めご了承下さい。ストーリーが変わる場合はお知らせします。 ※表紙画像はノーコピーライトガール様のフリーイラストをお借りしております。
絶望のFRONTIER
【栄光の先にある絶望に向かって…!】 少年は時代の果てで戦う!仮想空間オンラインゲーム『FRONTIER ーフロンティアー』 エブリスタにてSFジャンル日別1位を獲得。 ジャンル別応援コンテスト入賞。 2120年。第三次世界大戦後、情勢が不安定な世界に、仮想空間オンラインゲーム『FRONTIER ーフロンティアー』が世界中の若者を中心に爆発的なブームとなった。 人々が溢れる接続端末『ステーション』の雑踏の中の一人の少年。この時代の果てに現れたFRONTIER。少年は世界の終末に生きていた。 【FRONTIER】 ーフロンティアー プレイヤーは【ステーション】と呼ばれる端末接続場にて【ダイブ(脳神経と端末のシンクロ)】する事によりゲーム内の仮想空間内部にて戦技を競う。 ゲーム内においての使用武器は、実際に戦争や軍事に用いられている実機を装備する。 今世紀、不安定な政治状況下の中、世界中で熱狂的ブームをお越している。 近未来、ネットワーク体感ゲーム“FRONTIER”が人々を魅了していた。若者たちは電脳世界の戦いに自らを賭け戦いに明け暮れていた。 ゲームミッションをこなす中で少年はやがてこの世界の謎と直面することとなる。 果たして、現実と虚構の狭間にうごめく“FRONTIER”の恐るべき秘密とは!? そこには現実を越える真実が待っていた。 作者より SFサイバーパンクをテーマに舞台を近未来とした未来型青春小説です。 生きるという現実をテーマに主人公や若者たちの葛藤や生き様を描きました。 政局不安という現実の中で、主人公シーナと仲間たちはオンラインゲームの攻略という虚構の中で力を合わせて戦っていく、という物語です。確かでない世界の中で、おそらくゲームの中に確かなものを求め、戦い、時にオフラインで会う仲間たちの生きる姿を描いた青春群像劇であります、 主人公シーナが恋や仲間との衝突を経て青年から大人に成長していく過程とともに、FRONTIERに隠された重大な秘密にたどり着きます。 最期までお付き合いお願い致します。
爆弾拾いがついた嘘
「私、絶対死ねないんです」  かつて不発弾の爆発事故で従兄を亡くした女子学生、冴島一希。悲壮な覚悟を胸に、一流技術者への弟子入りを志願する。目指すは、不発弾の処理を担う民間業者。命がけの職業であり、女性の前例はない。 「お前をただ働きの使いっ走りに任命する。感謝しろ」  門前払いをくつがえし、無愛想な男のもとで住み込み修業を始める一希。十一年前に従兄の命を奪った「サラナ」の解体にも挑むが……。 「お前が言う『罪』ってのは何のことだ?」  師匠に動揺を見抜かれた一希は、涙ながらに爆発事故の経験を告白。自分のせいで従兄が死んだという罪の意識と、体に負った傷痕は今も消えていない。師匠は一希に責任はないと明言し、厳しくも親身に指導を続ける。  周囲の人々に支えられながら、自分のコンプレックスや偏見とも向き合う一希。徐々に弱みを克服し、人の手を借りる柔軟性も身に付けていく。  二年の修業を経て、師弟の関係はより親密なものへと育っていたが、二人には別れの時が訪れる。  ついに処理士となった一希は、絶体絶命のピンチのさなか、思いがけず師匠と再会。重傷で意識が遠のく中、師匠の出生の秘密と本心を知り……。  二つの血をめぐる硬派な人間ドラマ。師弟の絆と淡い恋。そして、苦い嘘。 【希望的エンドです】 【リアリティ、心理描写、没入感に定評あり】 【小説家になろう、カクヨム、アルファポリスにも掲載しています(別バージョン含む)】 【カバーイメージ作成:あさぎ かな様】
SKY BIRD〜空から逃げる殺し屋と鍵を持つ少女
No Image
 奇跡なんて起こらないと信じられていた、その時代。その世界。    第十次世界大戦時、核兵器等開発された新兵器の有害物質や未知の物質など戦争の副作用により世界は歪み、歪みからカオス空間と後に呼称される異次元がうまれた。世界は変革した。 原理と物理法則。  環境が変革した変革後の世界では人々は異能持ちと無能力またはなんらかの力のある無能力に分かれ奴隷、人間、獣人、他あらゆる変革により生まれた生物との争いに世界中が血を流していた。  全ての因子は変革にある。現れたカオス空間と歪みからやってきた使者。  変革を産んだカオス空間の使者は歪みが開くとやってきて腹がいっぱいになるまでこの世界の住人を食うと満足して帰っていく。  今のところそれ以外で奴らを退却させるには定期的に餌を与えるしかない。    その餌【高い知能を有した生命】の確保と国力増強に各国が奪い合い殺し合いをしている。    変革後も戦争は終わらない。   そんな世界の空の下、一人の男が乱立する高層ビル群を縫う様に空を逃げている。  彼の名前はノーネーム。記憶があるのにあえて名無しを称する彼には事情がある。  主に殺しを仕事でする彼だが、本職は便利屋である。 殺しは単なる思想信条と趣味だった。  イレギュラーとインビジブルの異能を持つ彼は今日も稼業に奮闘し、逃亡劇を繰り広げていたが、仕事先のビルの屋上で逃げていた少女と出会った。  少女は便利屋として男に仕事を依頼する。 私を連れて逃げてくださいと。  後々彼女は変革後の世界の戦争を終わらせる鍵として追われていると話す。  ノーネームはハンググライダーをつけ少女を連れてビルから飛んだ。  インビジブルで姿を消して、誰にも悟られずに自由に空を逃げる。  何らかの鳥の霊を宿した天下無敵の殺し屋自由人×感情の豊かな少女ミルミによる、自由を求める悲喜交々爽快逃亡劇。