#青春 の作品

北野坂パレット
毎日更新中。  舞台は神戸・異人館の街北野町。 『高校生になった記念にどうだ?』という酒豪の母・雪乃の訳のわからん理由によって、両親の離婚により生き別れになっていた父・一平に生まれて初めて会う事になったピアノ好きの高校生亮平。   気が付いたら高校生になっていた……というような何も考えずにのほほんと生きてきた亮平が、父親やその周りの大人たちに感化されて成長していく物語。  ある日父親が若い頃は『ピアニストを目指していた』という事を知った亮平は『何故その夢を父親が諦めたのか?』という理由を知ろうとする。  それは亮平にも係わる藤崎家の因縁が原因だった。 それを知った亮平は自らもピアニストを目指すことを決意するが、流石に16年間も無駄飯を食ってきた高校生だけあって考えがヌルイ。脇がアマイ。なかなか前に進めない。   幼馴染の冴子や宏美などに振り回されながら、自分の道を模索する高校生活が始まる。 ピアノ・ヴァイオリン・チェロ・オーケストラそしてスコッチウィスキーや酒がやたらと出てくる小説でもある。主人公がヌルイだけあってなかなか音楽の話までたどり着けないが、8話あたりからそれなりに出てくる模様。若干ファンタージ要素もある模様だが、だからと言って異世界に転生したりすることは間違ってもないと思われる。
ハレ・クール!――私はこの世界の異分子で、だから、跳ぶんだ。
どこにも居場所なんかなかった。あなたに会うまでは。――憧れと初恋と友情で「生きる」が輝いていく。 中学2年生の瀬乃音晴麗(せのお・せいら)は、派手な名前とは真逆に胸まで垂らした髪で顔を隠し、どこにも居場所を見つけられないでいた。 ある日、大道芸をする男子高校生「シショー」と、「パルクール」と出会う。 その出会いが晴麗の世界を変えていく。 ++++++++ ++++++++ ++++++++ ++++++++   空を踏んだ。  抜けるような青と立ちあがる入道雲を私の足がたしかに踏んでいた。  それはほんの一瞬、計ってみれば一秒にも満たないような時間だったのかもしれない。次の瞬間には私はアスファルトに無様に転がっていたのだから。  強打した背中が痛むのを他人事のように感じながら、走り寄ってくるシショーの足音を背中で聞きながら、私は空に向かって手を伸ばす。  あの一瞬。  地面に縛りつける重力から、私は、自分自身の力で自由になった。 「ハレ」  私は大嫌いだった自分の名前をつぶやく。 「あんた、意外とそんなに悪くない」  たぶんあの瞬間が、私が私を許せた、十四年の人生で初めての瞬間だった。 ++++++++ ++++++++ ++++++++ ++++++++   (本文1ページより) *エブリスタ、小説家になろうでも連載しています。
&So Are You
《完結》 一九六三年ミズーリ。代々トウモロコシ農家を営むベンの住む田舎町へやって来たハンナは、初対面でズケズケものを言う嫌味な女だった。母親を亡くし、フィラデルフィアでの美術教師の職を辞めてきたという。ベンたちのさぼり場である湖の景観の美しさに心を奪われたハンナは、そこをアトリエ代わりに通うようになる……。(★R15指定) ◆目次 ⬜︎プロローグ 0 ⬜︎第一章 1-23 ポイズンド・ポップコーン ハンナ・エイムス グレッグ・ザ・ビショップ マイ・ギャング、マイ・ヒーロー ⬜︎第二章 24-44 秋実る、ぼくらのアトリエ 夜更けのドランクモア ファーストスケッチ "Good Luck Charm" 作戦はマルハチマルマル 決行 ⬜︎第三章 45-75 アメノメイガ 変わらないこと 不釣り合いな車 ロバート・コールドマン 閉ざされた扉 クリスティーナの世界 届く通知 潰えぬ光 儚きスタート シロツメクサの冠 誓い そうして君も。 ⬜︎第四章 76-119 『真の英雄』 余所者 冷凍庫の豚 軍曹の訓え 少年兵のリボン ドッグタグ ハンナからの手紙 なにがなんでも パープルハート 怖いやり方 ベトコン トムウィッカーに気に入られたら 故郷へのトリガー 内通する村 シンローイ ハンナからの手紙 乾杯の音頭 初めての休暇 狂気への帰還 蟻の砦 待ち伏せ作戦 罠 甘い考え 名もない駒 たどり着く先 悲しいこだま よう相棒! 赤い雨 空を切り裂く ………… 親友の声 さよならベトナム ▢第五章 120-123 ふたりの儀式 強い意志 ハンナの手紙 ⬜︎エピローグ 124-126 新たな家 ⬜︎そうして君も。127 11月18日完結いたしました。多数お読みいただき、ありがとうございました!心より感謝いたします 自作短編『ベイビーちゃん』に登場する、町画家ピカソの過去軸となる物語です。60年代アメリカを舞台としています。全5章12万文字構成で、第4章では暴力描写がありますのでご留意ください。 (『ベイビーちゃん』は、Amazon Kindleにて配信中です。未読でも問題ございません。紀州文芸振興協会 第一回Kino-Kuni文學賞「コエヌマカズユキ審査員特別賞」受賞作品 ) ステキブンゲイでも現在公開しております。 https://amzn.asia/d/1KKWsrt
【サッカー大河ドラマ】168cmの日本人サッカー選手が駆け上がるバロンドールへの道
【高校生Jリーガーが、サッカー界・世界年間最優秀選手賞・バロンドールに輝くまでの物語】 父が元日本代表、兄が現役A代表というサッカーの名門の家系に生まれた少年・向島大吾。彼は小学生6年生の時点で168cmある、フィジカルを頼みにした大型フォワードであった。 だが、高校2年になった今でも身長は相変わらず168cm。彼はただ周りと比べて早熟なだけだったのだ。 武器であったはずのアスリート能力は失われ、もはや彼には備わっていない。 劣った運動能力は逆に足を引っ張ることとなり、よくある凡百のサッカー人生を終えるかと思われた。 しかし、大吾はそのあと基礎技術を徹底的に磨き、テクニック特化の選手として、愛情・憎悪・さまざまな思惑が満ち溢れた魑魅魍魎が行き交うプロサッカー界の大海を泳ぎ生き抜いていくこととなる。 彼のプロ生活は、前人未踏のフリーキックでの4得点を達成することから始まる。 プロ・フットボーラーとしてキャリアを過ごしていく中、大吾は『ファンタジスタ』としてある特殊能力に目覚めていって…… 【現代フットボーラーはまず、アスリートでなければならない】 バロンドール:1956年にフランスのサッカー専門誌『フランス・フットボール』が創設した世界年間最優秀選手に贈られる賞。この賞は、初代受賞者である元イングランド代表のスタンリー・マシューズがその輝かしい実績と裏腹にタイトルに恵まれなかったことから、マシューズの功績を称えるために作られたのがきっかけであると言われている。設立当初はヨーロッパ国籍の選手のみが選考対象であったが、1995年からはヨーロッパのリーグでプレーする選手なら国籍は関係なくなり、2007年から全世界のリーグに受賞対象が拡大した。『Ballon d'Or』はフランス語で『黄金の球』という意味で、受賞者には金色のサッカーボールを模したトロフィーが贈られる。歴代受賞者の中で最も低い身長は165cmの元デンマーク代表、アラン・シモンセン。 『内なる炎・持続する熱』 この小説は『小説家になろう』様、『ノベルアップ』様、『カクヨム』様、『ラノベストリート』様、『アルファポリス』様でも展開しています。