#音楽 の作品

戦火のアンジェリーク
【二十世紀初頭。未知なる“愛”を探して、この残酷な世界で歌っていた。】 1938年。世界中が狂気の渦に呑まれつつある、初冬の英国。一人の少女が大都会──ロンドンにやって来た。  13年前。東オーストラリアのとある田舎町に、貧困と育児放棄が原因で、親戚が営む孤児院に使用人として引き取られた、アンジェリークこと、アンジュである。  彼女は天性の音楽好きだったが、歌と南半球の豊かな自然を拠り所にしながら、孤独に生きていた。そんな時、予期せぬ出会いから始まり、初めての友情、恋、辛い別れを経験した後に、外の世界で歌い手になる夢を追う為、赤道をはるばる越えて来たのだ。  未知の国での様々な出会い、ショービジネスの厳しい現実、新たな運命的な恋に落ちる中、戦争という暗黒の時流に巻き込まれ、やがて、自らの心の闇という壁にぶち当たることになってゆくのだが…… 「たとえ明日失っても、“愛”の欠片を探して育ててく。これが私の戦いです。」  愛を知らず、夢を失った一人の少女が、様々な出来事や歌うことを通して自己を模索し、大人に成長していく過程の苦難と挫折、喪失と再生を、恋愛を主軸に描いた波瀾万丈の人生譚。 ●史実を元にしたフィクションです。 ●身分や職業、生い立ちに対して差別的な表現が出ますが、当時の考え方や価値観に基づいた描写なので、偏見や思想の助長を意図しておりません。 ●R15程度の性的表現、PG12程度の残酷描写が、主人公脇問わず、ロンドン編中盤以降から登場しますのでご注意下さい。(該当エピソードのタイトルに★を付けます。) ●以前、他サイトに別名で投稿していた作品を再編成して、改めて掲載したものになります。月に約2エピソードを、分割して更新する予定です。 ●予告無しで加筆修正する可能性があるので、予めご了承下さい。ストーリーが変わる場合はお知らせします。
近くて遠い、濃くて薄い
ツイッターから始まる恋ー 音楽ライブへ通うのが生き甲斐の志保はあるバンドのライブへ行くたびに見かける男性のことが 気になり始めていた。 その男性とはもしかしたらツイッター上で繋がっている『このアカウント』なのではないか?と思うもまだ確証が得られないでいたが、その予想を決定付ける場面に遭遇して遂に志保はそのアカウントの人と実際に会うことを決意する。 今では多くの人が利用しているツイッター。それを通じて音楽ライブなどのイベントのレポート、感想をツイートする人も少なくありません。 その中ではもちろん人々の交流も生まれます、ツイッター上で知り合った人と実際に会うなんてことも珍しくなくなってきました。 それこそ好きなバンドのライブ当日に会場で会うというように。 「どこかでこんな事が起きているかもしれない」 そんな模様を作者が想像してリアルに描きました。 作中の登場人物のようにツイッターで盛んに交流しつつ、実際にイベントなどをきっかけに会うこともしているというか方はきっとどこかしら共感できる部分はあるのではないでしょうか? 短編小説なのでサクッと読み終えることができますので是非、最後まで読んでみてください。